通関士試験の合格率・難易度

試験の合格率・難易度

これから通関士の資格を目指すみなさんにとって、試験の合格率や難易度は最も気になるところですね。税関では毎年の試験について、合格点は公表していませんが、受験者の人数やその内の合格者情報を詳しく公開しています。そのデータをもとに分析をしてみたいと思います。

【近年の試験結果】

 

受験者数

合格者数

合格率

2004年度

10,191人

1,920人

18.8%

2005年度

9,953人

2,466人

24.8%

2006年度

10,357人

725人

7.0%

2007年度

10,695人

820人

7.7%

2008年度

10,390人

1,847人

17.8%

2009年度

10,367人

807人

7.8%

2010年度

9,490人

929人

9.8%

2011年度

9,131人

901人

9.9%

2012年度

8,972人

769人

8.6%

2013年度

8,734人

1,021人

11.7%

2014年度

7,692人

1,013人

13.2%

2015年度

7,578人

764人

10.1%

通関士の試験のレベルは、かなり高いです。ここに紹介した以前の1990年代も合格率は12%~15%の年が続きました。かつてからおよそ8人に1人しか合格しないのですから、かなりの難関といっていいでしょう。近年はその難易度がさらに増しています。特に2006年度以降は、08年度を除いていずれも合格率は7%台と非常にきびしい結果になっています。

この理由のひとつとして挙げられるのが、2000年に入ってからの受験者数の急増です。
これは、貿易業界の将来性に対して、人々が希望を持っていることの表れであるともいえると思います。また景気の低迷が続く社会情勢のなかで、安定した職業につくために通関士の資格を取得しようと思う人が増えている、という風にも管理人は考えています。
魅力的な資格なので競争倍率が高くなって、そのぶん難易度も上昇してしまうのは、いたしかたのないところですね。

難易度

通関士の難易度を別の指標で見て見ましょう。以下は、国家資格の難易度として一般に公開されている情報から、管理人が主だった資格を抜粋したものです。

<国家資格の難易度ランキング>

Sランク

司法書士、公認会計士

Aランク

税理士、社会保険労務士、行政書士、1級建築士

Bランク

通関士、教員採用試験、2級建築士

Cランク

宅地建物取引主任者、作業療法士、介護福祉士、旅行業務取扱主任者

Dランク

ファイナンシャル・プランニング技能士(3級)、保険師

通関士と同じランクでとらえられている国家資格に、教員採用試験や2級建築士があります。教員採用試験の場合は、四大卒以上などの学歴が前提としてありますので、一概に比較するのはむずかしいかもしれません。しかし、試験そのものの難易度は同じクラスにあるということです。通関士資格のレベルの高さが浮き彫りになってきませんか?難易度の高いぶん価値の高い資格であることを励みに、十分な試験対策に取り組んでいただきたいと思います。

次のページ >>

>>時間のない人が通関士試験に一発合格するのにオススメの勉強法