通関士の試験情報

通関士の試験情報

【受験資格】
学歴、年令、経歴、国籍などの制限は一切ありません。
※女性受験者も年々増加する傾向にあります。

【申込期間】
7月初旬~8月中旬(願書受付終了)まで。

【試験日】
毎年1回、10月初旬~中旬の日曜日に実施。年度によって、若干変更になることがあります。最新の情報を確認するようにしてください。

【受験できる場所】
全国に13カ所の試験会場で受験できます。札幌、新潟、東京、仙台、横浜、静岡、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡、熊本、那覇(※指定試験会場であれば、どこでも受験可能です)。

【試験科目】
通関士試験は、以下の3科目から出題されます。
(1)通関業法
(2)関税法等
関税法、関税定率法その他関税に関する法律、
および外国為替、外国貿易法(第6章に関する部分のみ)
(3)通関実務
通関書類の作成要領、その他通関手続きの実務
*実際に、輸出申告書と輸入申告書を作成し、関税額を計算。

【出題形式と合格基準】
各試験科目とも筆記(マークシート方式)により行われます。
<配点>
通関業法 40点(20問)
関税法等 50点(30問)
通関実務 30点(17問)
<合格基準>
上記3科目でそれぞれ70%以上の得点が合格基準です。1つでも、70%以下の得点があったときは、たとえ総得点が全体の70%以上であっても、合格にはなりません。

【受験願書の入手方法】
受験願書は、受験希望の試験実施地を管轄する税関で7月上旬から8月中旬の受験の申込み締切りの日まで配付されています。
郵送により請求する場合には、120円分の切手を貼ったあて先明記のA4サイズが入る大きさの返信用封筒を同封して、受験希望の試験実施地を管轄する税関の通関業監督官まで送ります。受験願書受付期間に間に合うよう早めに請求するようにしましょう。
詳しくは税関のホームページを参照してください。
http://www.customs.go.jp/

≪試験トピックス≫
女性の受験生がますます増える傾向にあります。
通関士試験の受験生の男女比率は、男:女で7:3だといわれています。まだ5:5にはなっていませんが、今後ますます女性の受験生が増加していくのはまちがいないでしょう。かつては男性中心の世界であった通関士の世界に、なぜ女性が興味を持つようになったのでしょうか。これにはいくつかの理由が考えられます。

  • 女子大生が就職(商社、通関業者など)の武器にする。
  • すでに貿易実務に携わっている方が、さらに知識を増すために受験する。
  • 通関業者に勤めている女性社員が、通関部門の仕事をやりたくて受験する。

などです。職業として国際業務を志向する女性がふえているのでしょうね。通関業の世界にはまだまだ女性進出の余地があります。通関士は比較的難易度の高い資格ですが、ぜひがんばっていただきたいと思います。

次のページ >>

>>時間のない人が通関士試験に一発合格するのにオススメの勉強法