通関士の知識を活かせる職場

通関士の職場は?

通関士の資格を持っている方の活躍の場は大きく2つに分かれます。
ひとつは、通関業者と呼ばれる会社に勤務して正式に「通関士」となるケースです。
そしてもうひとつは、通関業者以外の会社で、通関業務についての専門知識を活かす働き方です。

通関業者の通関士

まず、「通関業者」について知る必要がありますね。通関業者とは、輸出入業者(顧客)から依頼されて、輸出入で必要な通関手続きを、専門的に行う会社のことです。しかし、○△通関業株式会社というように、通関業だけを行っている会社はほとんどありません。その理由は、通関業務は国際流通業務の流れの中の一部であり、国際流通業者の一部門として取り扱われることが多いからです。

  • 工場から貨物をトラックで倉庫に運ぶ
  • 倉庫で保管する
  • 通関手続きをする
  • 船積みをする(航空機に荷物を積む)
  • 目的地まで海上輸送(航空輸送)を行う

通関業者と呼ばれる会社は、このような業務のいくつかを並行して事業を運営しています。そして具体的には、港湾運送事業者、航空運送事業者、道路運送事業者、倉庫業者などを営む会社が通関業者であり、現在全国に1000社ほどの通関業者が存在しています。

通関業者に勤務する正式な「通関士」の話に戻りましょう。一般に「通関士」と呼ばれているのは、このような会社に所属をし、さらに会社から「通関士」として税関に届け出がされており、税関長の承認を得て働いている人のことです。このような手続きを経て、はじめて、通関士として仕事ができるようになります。

しかし今日、通関士の資格を取得している人の活躍の場は、通関業者のみにはとどまっていません。広く申し上げますと、国際貿易に携わっている企業のいずれでも、通関士の知識は役立てることができるといえます。以下はその代表例です。

商社で役立てる

日々国際間での取引を行う商社では、貿易知識は、一般常識と言っていいほど必要な知識です。商社では、通関業は一般的に通関業者にお願いしていますが、貿易マンとして、通関士の知識は大いに役立つことでしょう。
また、商社には国際物流を専門に行っている部署があります。そうした部署では通関業者を使いながら、スムーズに貨物が流通するように管理手配をしています。そこでは特に通関士の知識は役立ちます。そのような部署で働いている人のなかには、自己啓発の意味も含めて、通関士の試験に挑戦している人が多いようです。

メーカーの貿易部門で役立てる

たとえば機械系のメーカー企業では、精密機械の部品を、商社を通さず自社で直接海外から仕入れている会社がたくさんあります。その目的は部品をより安いコストで早く調達するためです。精密機械はそれこそ何万もの部品で作られていますよね。おのおの部品に掛かるコスト1円の差が、最終的には利益を大きく左右してしまうため、購買部の責任には非常に大きなものがあります。そのような手続きを正確にかつ迅速に行うために、通関士の存在が欠かせないものになっているのです。

次のページ >>

>>時間のない人が通関士試験に一発合格するのにオススメの勉強法