通関士はどんな資格?

通関士はどんな資格?

貿易関連で唯一の国家資格

一口に貿易業務といっても、そこにはさまざまな仕事があります。
メーカー企業が輸出入者として海外に製品を輸出する、反対に海外から製造に必要な部品を輸入する。総合商社が海外から石油や天然ガスを買いつける。船舶会社や航空会社が、貨物の運送を担当する。損害保険会社が、船や飛行機が運ぶ貨物の保険者となる。それらすべては貿易業務の範囲内にあります。
貿易業務はその多くが、本当に魅力ある仕事だと思います。しかし上記の業務はどれも、国家資格を必要としません。物品の輸出入には、法律でそれこそ多様な規制がかけられているのに…。はじめて通関士を目指そうと思った時は、私にもこのことは少し意外でした。

そうです。通関士は、貿易関連で唯一の国家資格なのです。省庁の名前が変わって、いまは財務省の管轄になっていますが、数ある貿易に関する仕事のなかで、国家資格が必要なのは、通関士が行っている仕事だけです。日本と海外各国の間でやりとりされる物品は必ず「通関手続き」を通ることになりますので、通関士の役割がいかに重要なものかをお分かりいただけるかと思います。

今後の需要拡大が、一層期待される資格です

通関士の試験は非常に人気があり、毎年1万人前後の方が受験しています(合格率・難易度情報等は別のページをご覧ください)。
正式に通関士(通関業者の通関士)として仕事をしている人は、いま日本全国で、約7000人いると言われています。通関士試験に合格した人が通関士として仕事をするためには、かならず「通関業者」と呼ばれる会社に所属している必要があります。さらに自分が所属する会社から「通関士」として税関に届け出がされ、税関長の承認が得られている必要があります。こうした手続きをへて、はじめて通関士として仕事ができるようになります。
通関業者には営業所に1名以上の通関士を置くことが義務づけられています。世界中でグローバル化が進むなか、年々、貿易額も増え続けていますので、通関士の資格は、将来ますます有望な国家資格といえるでしょう。

※平成21年4月1日時点で、全国の通関士数は7,187人、通関士以外の通関業務従業者数は8,312人です。

就職にも有利!学生の受験者も多い試験です

通関士の資格は、就職や転職を有利にする材料にもなります。そのため学生の受験者も少なくないのが通関士の試験です。後のページで詳しく解説しますが、通関業者のほかに、商社、メーカー、またPBブランドを開発する量販店などで、通関士の知識を求めている会社がたくさんあります。この資格のみで就職が決まるとは考えにくいですが、通関士は難易度の高い資格ですので、選考時のアピールとしては十分に通用します。

次のページ >>

>>時間のない人が通関士試験に一発合格するのにオススメの勉強法